紛失や盗難を再発させない為には、ちょっとした改善策を講じるだけで大きな効果を期待できます。

紛失盗難を再発させない

紛失や盗難は起こってしまった事はしょうがない事ですが、
こうした事を教訓にして再発をさせない努力をする事が大切です。

 

紛失や盗難に合ってしまった人のその後は2種類の人がいます。
  • 実際に損失を出してしまった事を強く反省して、その後一切紛失、盗難に合わないように自己管理できる人
  • 懲りずに同じ事を繰り返してしまう人

と、両極端に2分化されています。

 

せっかくの大事な物を無くしたり、盗まれたという貴重な経験を無駄にしないように、再発防止の為に自己管理を徹底するようにしましょう。

 

 

意識だけでは変えられない

紛失や盗難にあった時は、今後は気を付けようと意識を変えて再発防止に取り組む人が多いです。
これはとても大事な事で、盗難・紛失を予防する意識を常に持っておく事はとても大切です。

 

しかし、意識だけでは時間の経過とともに薄れてしまいます。
忘れた頃に同じ失敗を繰り返す人が非常に多く、ちょっとした事でも改善策を取っておく事が効果的です。

 

 

盗難・紛失の予防策

過去に紛失や盗難にあった場合は、その時の問題点をしっかり掘り下げて分析する事が必要です。

  • 男性が長財布をポケットに入れ落としてしまったのなら、折りたたみ式の財布に交換する
  • お酒を飲むと記憶をなくすような人は、電車などでも、身につけた状態のまま財布やスマホを入れておけるコンパクトタイプのボディーバッグを使用する

など、原因に対して効果がある対策を考えるようにしましょう。

 

 

盗難被害にあった人は、セキュリティ対策を講じるようにしましょう。

盗まれたものが高級趣向の商品でなければ、お金をかけない盗難対策でも充分効果があります。
自宅や駐車場、駐輪場での被害であれば、100円均一やホームセンターなどで揃えられる防犯グッズを購入したり、カバンから財布を抜き取られた人は、小分けがたくさん付いているカバンに変えて、第三者がすぐに財布を見つけにくくする事で、再発予防につながります。