盗難被害や悪用、二次被害が増加しているスマートフォンの紛失、盗難事情と対処法の紹介ページです。

スマホの紛失・盗難

 

携帯電話からスマートフォンに以降して、とても便利になりましたが、スマートフォンは重要な個人情報の登録も多く、紛失、盗難時のリスクが大きくなりました。

 

もしもスマホを紛失したり盗難被害にあった場合の対処法を紹介いたします。

 

 

紛失、盗難にあったスマートフォンに電話をしてみる

スマホを落としたり盗まれた場合は、すぐに利用停止や遠隔ロックをしてしまう人がいますが、まずは最低限、無くしたスマートフォンに電話をかけてみる事が大切です。

 

拾った人が電源を入れて持っていた場合は対応してもらえれば、届け出をしてもらえる良心的な人だという事を判断できます。

 

スマートフォンを紛失、盗難して悪用する人はGPS機能による追跡を恐れてすぐに電源を切ります。

 

何か操作をする時だけ最低限の時間電源を入れて使用していますがので、電源が入っているけど、相手が出なかった場合は数分後に再度すぐに電話をかけてみましょう。

 

電池が無くなる程時間帯が経過していないのに、すぐに電源を切られている事があれば、それは悪用されている可能性が高いです。すぐに利用停止手続きを取るようにしましょう。

 

 

キャリアの紛失、盗難窓口に電話する

スマートフォンを紛失、盗難してしまった時はすぐに契約しているキャリアの紛失、盗難窓口に電話をしましょう。大手キャリアや格安スマホなどであっても、紛失、盗難窓口だけは24時間対応している事が多いです。

 

最近のスマートフォンはキャリアから遠隔ロックをしてくれるサービスを行っている場合があります。必ず遠隔ロックの可否を確認して、必要に応じて対応してもらうようにしましょう。

 

 

スマートフォンになって変わった悪用のやり方

従来のガラケーの時は、盗難する人の悪用方法は限られていました。

 

スマートフォンになってからは、

  • 端末の中のクレジットカード情報を含めた個人情報などの抜き取り
  • 端末の転売
  • 部品としての再利用

など悪用方法が多様化して、スマホの盗難被害や二次被害が増えてきています。

 

スマートフォンを紛失、盗難にあった時は事の重大さを認識して、少しでも早く対応を取るようにしましょう。

 

 

新しいスマートフォンを買う

スマホや携帯は生活の必需品で、数日でも手元にスマホがないと、仕事に影響が出たり友人、知人に迷惑や心配をかけてしまう事があります。

 

まずはSNSなどを通じて、スマホを無くした旨を周りに告知する事も大切ですが、すぐに新しいスマートフォンを購入する方向で話を進める事も必要です。

 

まずは既存で契約しているキャリアに相談して、

  • 利用できる保険や補償サービスがないか?
  • 解約した場合の違約金や、安く買える新しい端末がないか?

を相談してみましょう。

 

既存のキャリアの話を聞いてから必要に応じて、他社のキャリアや最近流行りの格安スマホなどへの乗り換えなども選択肢に入れて検討するとよいでしょう。